人生論

やるべき事は早く終わらせる〜月初が勝負〜

やるべき事が全然終わらない、、、。

どうしよう、、、。

 

漠然と、やることに追われている感覚に襲われてしまう事ってありますよね。

でも、それって実際気のせいだったりします。

  • やる事が終わらない
  • いつもタスクに追われている
  • いつも焦っている

このように感じる原因は、実はそんなに深刻な悩みではない場合がほとんどです。

そんな悩みを一緒に解決していきましょう。

焦りを感じる原因とは

人が焦りを感じてしまう原因の正体とは、一体何なのでしょうか。

それは、やろうと決めた事が終わっていない事への不安です。

今月やろうと決めた事を、なかなか手を付けずに溜めていませんか?

なすべき事をできていないと、「結局自分はできない人間だ」と思い込み、自己嫌悪に陥ってしまします。

その結果、やるべき事をやっていない→自分はできない人間だ。→できないのは自分のせい

という風に、どんどん自分の評価を下げていってしまいます。

これが不安の原因です。

きっと、誰しも感じた事がある不安ですよね。

不安を感じない為にやるべき事

不安や焦り、それは自分で決めた事ができていない時に感じるものです。

それらの不安要素を感じない為にはどうすればいいか。

答えは簡単です。 やるべき事はいち早く終わらせる。 これに尽きます。

例えば、Webライターをやっていたとしましょう。

今月のあなたが執筆すべき記事が4記事あったとします。

記事を各ペースは各自の自由なので、好きなペースで書く事ができます。

「1ヶ月に4記事なんて余裕じゃん!」

と感じる方が大半かと思いますが、これ、意外と月末になって焦っているという事が多発します。

大概の人が、1ヶ月で余裕で終わる仕事を、期限ギリギリまでやらないからです。

Webライターに限った話ではないですが、他の仕事をされている方でも「期限ギリギリになってヤバイ」と焦っている方たくさんいますよね。

このように、人は期限に迫られると焦りを感じ、それがストレスになります。

こうならない為にも、絶対にやらなければいけない事は、何よりも優先して終わらせてしまいましょう。

不安を感じない為の対策とは

1ヶ月単位で仕事をする方が多いと思うので、1ヶ月単位で仕事をしている場合を想定して話を進めます。

先ほどのWebライターの例で考えてみます。

1ヶ月4記事というノルマがある場合、いつ記事を書くべきなのか。

これは、間違いなく月初に全て終わらせる事をおすすめします。

1ヶ月も余裕あるんだから、ゆっくりやればいいじゃん。
 

こう感じた方は要注意です。

月末になったときの自分の姿を想像してみてください。

確実に、納期に追われて焦っているはずです。

絶対に終わるはずの仕事量でも、期限ギリギリにやってしまうと、1ヶ月あったはずの期間がたった1週間しかない状況に自ら追い込んでしまっているようなものです。

月初にやるべきことを終わらせておけば、メリットが沢山あります。

  • 仕事に追われる不安から開放される
  • 他のことをやる時間が確保できる
  • 趣味に没頭できる
  • 新しいことにチャレンジできる

やるべき事を期限よりも早い段階で終わらせておけば、不安を感じることもなくなります。

それだけではなく、他のことに着手できる余裕が生まれるので、より積極的に行動できるようになります。

これはやらない手はありませんよね。

まとめ

みなさん、今月の自分の行動を見返してみてください。

やるべき事を、月末に溜め込んでいませんでしたか?

いつの間にか1ヶ月が終わり、1年が終わってしまいます。

今月こそは!と意気込んでうまくいった試しがない、というあなた。

来月こそは、月初にスタートダッシュを切って、実りのある1ヶ月にしていきましょう!