人生論

地方移住で目指す、最速の経済的自立【FIRE】

【FIRE】ってよく聞くけど、どういう意味?

 

【FIRE】は、経済的に自立をして早期リタイアをする、という考え方だね!日本でも徐々に話題になってきたね。

【FIRE】は、”Financial Independence, Retire Early ” の頭文字を指します。

経済的に自立し、早期リタイアを目指そうという考え方で、自由な生活を手に入れよう!という考え方です。

この考え方では、贅沢を追い求める考え方というよりは、自由を求める生き方を重視します。

自由な状態とは、どんな状態か

そもそも、自由な生活とは、どんな状態なのか、なかなか想像しにくいですよね。

『自由になりたい』と思っていても、実際にどんな状態になれば自由を手に入れることができたのかがイメージできていないと実感が湧きにくいと思います。

まずは、経済的に自由な状態とはどんな状態かを定義していきます。

経済的に自由な状態とは、資産所得>生活費

ここでは、資産(不労)所得が生活費を上回った状態を、経済的に自由な状態と定義します。

一般的に、資産所得とは、「不動産所得」や「配当所得」を指します。

つまり、資産から得られる所得だけで生活できる状態になれば、経済的に自由な状態といえます。

例えば、毎年の支出が400万円の人は400万円以上の資産所得を。毎年の支出が100万円の人は100万円以上の資産所得を目指せばいいわけです。

ここでポイントなのが、人によって目指すべき資産所得が変わってくることです。

自分が求める生活にいくら必要なのか、現状の生活費がどのくらいかかっているのか、を把握し、目標を明確にしておくことが重要です。

実際にどんな人が経済的に独立しているのか

実際にどんな人がいるのか、例を挙げておきます。

不動産

ブログ

 

上記は、ぼくがいつも見て勉強している方々です。

自分なりのカテゴリ分けをしてみましたが、上記のカテゴリ以外にも多方面で活躍されています。

参考にしてみて下さい。

また、FIREについての書籍も発売されていて、下記の本でも勉強できます。

 

FIREを達成する為のステップ

次に、FIREを達成する為にやるべきことをまといめていきます。

  • 自分がどんな生活スタイルを求めているのか考える
  • それを実現するにはいくらお金が必要か計算する
  • 1年間の支出の25倍の金額を計算する
  • 資産を貯める
  • 資産を貯めながら、投資で増やしていく

 

FIRE本から学んだことを元に、簡単に解説していきます。

自分がどんな生活スタイルを求めているのか考える

まずは、自分がどのくらいの生活水準を求めているのかを考えます。

どんな生活を送りたいか、どこで生活したいか、どのくらい贅沢して暮らしたいか、何を一番大切にしていきたいか、など目標を決めます。

ぼくの場合は、都会に住み続ける必要はあまり感じていなく、田舎でのんびり暮らして、好きな時に好きな事をできるだけのお金と時間的な余裕が欲しいと考えています。

その為、『贅沢な暮らし』よりは、『余裕のある暮らし』の方に重点を置こうと決めました。

ここは、皆さん違う考えを持っていると思いますし、その目標の違いによって、必要な資産も変わってくるので、あくまで自分の価値観に沿って考えて下さい。

もちろん、『どんなにお金を手に入れても、週に3日は働きたいな』という考えも1つの答えであると思います。

それを実現するにはいくらお金が必要か計算する

ゴールがイメージできたら、その目標を達成する為の手段を考えます。

どうやって達成するか、という手段ではなく、いくらお金があればゴールに辿り着くかを計算しましょう。

必要な金額は、立てた目標によって変わってきますが、ポイントは、必要最低限の金額で考えることです。

必要な金額が増えるほど、目標が遠のいてしまうので、まずは最低限の金額で考えます。

1年間の支出の25倍の金額を計算する

FIREを達成する為には、1年間の支出の25倍の金額が必要とされています。

例えば、年間300万円で生活している人は7500万円が必要な資産になります。

もちろん、この年間の支出額が下がれば、必要な資産の金額も少なくなるので、コストを減らすこともFIREへの近道だと言えます。

ぼくが地方移住を選んだ理由の1つが、まさにこの生活コストを減らすことでした。

実際、都会で生活するよりも家賃は安いし、無駄使いが減って、貯金に回すお金が格段に増えました。

なにより、実家に住んでいることが一番大きな節約になってます。

抵抗ある方もいるかも知れませんが、自分で資産をつくれるようになるまでは甘えさせてもらおうと思ってます。

資産を貯める

必要な資産額が分かったら、どうやって貯めるかを考えます。

給与だけで貯めるのは厳しいな、とか、夫婦共働きならどうか、とか色々と模索していきます。

上記でちょっと触れましたが、生活コストを見直すのも1つの方法です。

副業を始めて資産を増やすのも良し、転職して給与アップを狙うのも良いと思います。

ただ、1つの方法で達成するのは大変だと思うので、いくつかの方法を並行して行っていくことが大切です。

給与所得だけだと、なかなか厳しいものがありますよね。

資産を貯めながら、投資で増やしていく

資産を貯めるだけではなく、貯めながらも増やしていくことが必要だとされています。

例えば、年利4%で運用した場合、1000万円の資産があれば年40万円資産が増えることになります。

元々の資産額が大きければ大きいほど、増える金額も大きくなるので、最初は小さな金額ですが、着実に資産を増やしていきましょう。

投資に関する考え方や、実際の方法など、下記の本で詳しく解説されています。

 

自分にとって理想のFIRE像は何か

『自分に必要な金額は7500万円だ!』と、目標がわかったところで、かなり難易度高く感じますよね。

その場合は、セミFIREを目指すのもありです。

完全に働かず、必要な資産を生み出すことは雲の上のように感じるかもしれませんが、働く時間を減らして目標を達成するならば、少し難易度低く感じますよね。

ぼくの場合は、完全に働くのを辞めて、労働時間ゼロで暮らしたいとは思いません。

好きなことをして働き続けたいと思っているので、労働は続けます。

資産所得と少しの労働で、セミFIREを達成したいと考えています。

ぼくが目指すのは、『(資産所得+給与所得)>生活費』の状態です。

求める生活スタイルは、各自あると思うので、自分なりのバランスを考えてみて下さい。

地方移住は、FIREへの近道

地方移住のメリットとして、

 

・生活費を抑えられる

・勉強に集中できる

・競合が少ないから、チャンスが多い

 

などがあります。

生活コストを抑えられることが、一番大きなメリットだと感じています。

実際、都会で働いていた頃より収入は減っていますが、その分生活費を抑えられているので、以前に比べて貯金ができています。

もちろん、都会で固定費を下げる方法はありますし、都会に住みたいという考え方もあるので、自分が求める生活を基準に考えてください。

今のぼくにとっては、セミFIRE(経済的自立)を達成する為の近道だと感じています。

まとめ

経済的な自立を目指すに当たって、自分なりのゴールを設定することが大切です。

その目標を達成する為にはいくら必要で、何をすれば資産が構築できるのか、考え続けることが必要です。

これに関しては、『自分の理想』を追い求めることが重要になってきます。

1日でも早く、理想的なFIREを達成できるように思考錯誤していきましょう。