人生論

心配症の人ほど稼げる仕事とは

余計な心配ばかりしてしまって、損している気がする・・・。

気にする必要がない事まで気にしてしまって、人一倍神経をすり減らしている。
なんて感じている方もいるんじゃないでしょうか。

楽観的な人の方が明るく、好印象に思えたり、何となく仕事できるなー、と印象を抱く人もいるはず。

ですが、心配性や不安症は直さなければいけないものではありません。

むしろ、個性として捉えるべきことです。

その理由と、心配性の人が稼げる分野について解説していきます。

心配性の人の特徴

心配性かどうかの判断基準は、IQにあるといわれています。

まず、IQには二種類あって、言語性IQと動作性IQです。

心配性の人の特徴は、このうち、言語性IQが高く、動作性IQが低い傾向にあること。

つまり、心配性の人ほど言語化能力が高い、ということです。

心配性だから人より劣っている・・・・。

なんてことは全くの誤解です。

むしろ、人よりすぐれている能力があるんです。

なかなか、人に言われたり、意識しないと気付けないことかもしれませんが、あなたは他の人にはない長所を隠し持っているかもしれません。

心配性の人ほど稼げる仕事

それは、言葉で稼ぐことです。

小説家やライター、キャッチコピーを書いたり、ジャーナリストだったり、

言葉を扱う仕事が向いているようです。

身体を使った仕事(肉体労働や、外を動き回る営業、同時に複数の動作が必要とされる仕事)よりも、言葉を使った表現力や文章を書く仕事をするとうまくいく傾向にあるそうです。

今働いている環境が、

あわないなー。と思う人は、自分の性格を分析して、自分の新たな可能性を探してみてはいかがですか?