転職

脱サラして、フリーランスとして生きる術5選

今現在、サラリーマンとして働いている人のなかで、転職や起業、フリーランスとして活動したい!って方いませんか?

サラリーマンの7割くらいの方は、一度は考えたことあるんじゃないでしょうか?

実際、会社員をやめてみて思うことを踏まえつつ、フリーランスとして生きる術を紹介します。

脱サラしてフリーランスとして生きる術5選

ぼく自身、6月で脱サラしてちょうど1年が経ちますが、感想を一言でまとめると、”見える景色が明るい!”です。

サラリーマン時代は、仕事中もプライベートでも、常にストレスを抱え、俯いて日々を過ごしてました。

上司に会いたくないなー、とか、またミスしたらどうしよう、周りからどう思われてるかな・・・。など、不安ばかり抱えていました。

しかし、この1年はそういったストレスから解放され、何気ない日常でごくあたりまえのことでも、素直に感動できるようになりました。

そんなぼくが、1年過ごす中で思う、脱サラ後のフリーランスとしての生き方5選を紹介していきます。

  1. 貯金で生活する
  2. 起業する
  3. 投資で生計をたてる
  4. 副業で稼ぐ
  5. プログラミングを勉強する

順に説明していきます。

貯金で生活する

なんだかんだ貯金があれば、その後の人生の選択肢が増えるので大切です。

ぼくは全く貯金をせず会社を辞めたので、これは若干後悔しています。

もし、まだ会社員で今後辞める予定の方は、最大限会社の福利を使い倒して、無駄な出費は避け、貯金をすることをおすすめします。

貯金を貯めるコツは、別記事で紹介しています。

脱サラする為の段階別ステップみなさんこんにちは、Takaです!会社員として働くなかで、”もう仕事辞めたいな・・・。”って思うことってありますよね。そんな人に向け、段...

起業する

自分でなにか資格を持っている、とか働きながらも稼げるコンテンツを作ってきた方は、起業を視野にいれるといいでしょう。

もちろんリスクはありますが、生涯の夢があるのなら、チャレンジすべきです。

起業に際してネックなのが、”資金”です。

これに関しては、個人的な資金はそこまで必要にならないです。

国や銀行からの融資と、補助金についての知識をつければ初期費用はまかなえるはずです。

もちろん、起業したあとのことも考えて知識をつけ続けることが必須です。

投資で生計をたてる

株式投資、投資信託、不動産投資、FX、仮想通貨など、様々な種類がありますが、ここでいう投資は、”一発当てて大きく稼ぐ”投資ではありません

”手堅く稼ぎ、利回りで生活費を補う”投資です。

これも資金があればあるだけ、早く資金を増やすことができる為、有利です。

ある程度の資金を持っていて、将来にまで資金を残していきたいという方にはおすすめの方法です。

副業で稼ぐ

単発で稼ぐ方法は、無限にあります。

例えば、

  • 時給のバイト
  • UberEats
  • ポイ活(ポイントサイト)
  • クラウドソーシング
  • ハンドメイド作品を売る

などです。

稼ぐ額には限りがありますが、手段はいろいろあります。

プログラミングを勉強する

在宅ワークが増える中で、パソコンでできるスキルを持っておくと、強いとおもいます。

なんでプログラミングか、というと、動画編集のようにパソコンの性能やソフトの違いが少ないからです。

古いパソコンでも、動けばできます(笑)

独学でもある程度は稼ぐこと可能ですが、オンラインスクールも増えているので、本気でプログラミングで生活したい方は、オンラインスクールに通うことをお勧めします。

まとめ

自分の生活スタイルや、生活水準によって求めることは違うと思いますが、フリーランスとして生きる手段は意外と多いです。

会社を辞めたからといって、稼げないかと言ったら、そんなことはありません。

上記にあげた方法は、脱サラ後1年のぼくが思いつく手段にすぎないので、参考までにどうぞ。

また今後も情報を更新していきたいとおもいます!