雑記

要らないものは全部捨てよう。

こんにちは、Takaです!

みなさん、身の回りに、”必要ないけど何となく捨てられない”物ってありませんか?

今身につけている物や、家に当たり前のように置いてあるもの。

実は生きる上で不要なものにあふれています。

ミニマリストを目指そう

不要なものに囲まれて生活していると、無意識の間に窮屈な思いをし、物に圧迫された生活され、ストレスさえ感じるようになります。

ぼく自身サラリーマンを辞めた時から、徐々に不要なものを捨ててきました。

実際に捨ててみた感想は、”生活がシンプルになり、開放的!”と感じるようになり、非常に身軽になりました。

物がありすぎて何から捨てていいかわからないという方は、捨てて良かったものを紹介しますので、参考にしてみてください!

捨てて良かったものTOP3

  1. 財布
  2. 1年以上着ていない衣類
  3. 年会費のかかるクレジットカード

 

1.財布

まずすててよかったものが、財布です。

以前は長財布を使用していましたが、財布をもたなくなったことで、荷物がかるくなりました。

財布って、意外とかさばりませんか?

なくなると、手荷物が減り、さらにはかばんも要らなくなります。

他の利点としては、お金を使わなくなります。

ぼくは財布を捨ててから、小銭入れとクレジットカード、身分証、お札1枚だけ持ち歩いています。

カードとお札が収納できるスマホケースと、小銭入れがあれば、外出時何の心配もありません。

必要最低限の現金しか持ち歩かないことで、無駄な出費を抑えられます。

自然と、お金がなければ無駄な買い物をする気が起きなくなるので、節約にもおすすめです。

2.衣類

次にすててよかったものが、衣類です。

クローゼットに眠っている衣類ありませんか?

1年着なかったら、不要と判断し、思い切って断捨離しちゃいましょう。

本当にお気に入りの服だけを残すことで、日々の洋服選びが楽しくなります。

よれよれのシャツを着ることも自然と無くなります。

季節の変わり目のこの時期に、一気にクローゼットの断捨離を進めましょう。

3.クレジットカード

クレジットカードの見直しも定期的に行ったほうがいいです。

特別な買い物とかがない限り、基本的に年会費がかかるカードは無駄なので、解約しましょう。

毎年何万もする年会費を払って、特典を使う機会はありましたか?

ほとんどの人が、年会費を払うだけ払って、得をしていないパターンだと思います。

もし、年会費月付きのカードを持っていたら、見なおす時間をつくって、要らなければすぐ解約しましょう。