ブログ

誰にも読まれなくても、ブログを書き続ける。

ブログ書いても誰にも読まれないな。

ブログ書いていると、『今日もアクセスなかったな・・・。』

とか、どれだけの人に読まれているのか、どうしても気になってしまいますよね。

実際、ぼくも最近までアクセス0の日がしばらく続いていたし、駆け出しブロガー共通の悩みなんじゃないかな。

でも、ブログ書くのって、自分のスキルアップに繋がると思うし、単純に楽しいので読まれていなくても続けようと考えてます。

、、、、ちょっと寂しいけど。(笑)

 

リアルな数値公開。読んで頂いている皆さんに感謝

これ、このブログの2020年6月~7月現在のリアルなPV数です。


こういうのって、

 

めちゃくちゃPV数伸びました!

 

って時に公開するものかな、と思うんですが、現状をそのままお伝えしてます。

『初月から1万PV』とかの方もいるかと思いますが、ぼくはブログ始めて4カ月目で500PVいくかな、という段階です。

4月12日にブログスタートし(5月は丸々さぼり、6月20日に再開)、6月26日まではPV数0でした。

つまり、誰にも読まれていなかったんですね。

それでも書き続けていたら、ある日を境に読んでくれる人が出てきた。

ブログって、『継続』に尽きるんだ、という事を体感しました。

書き続けていれば、いつかは読んでくれる人が出てくるはず。

読んでくれている方、いつもありがとうございます!

 

たくさんの人に読んでもらうのも大切だけど、単純に楽しくない?

 

誰にも読まれないんじゃ、意味ないや。
もう書くの辞めよう・・・。

は、もったいない!

極論、誰にも読まれなくたっていいじゃない!

ブログを書く意味って、『たくさんの人に読んでもらう』意外に、『書く楽しさ』があると思うんです。

自分の考えを形にできるツールであり、考えながら作った文章をまとめて記録できることって、まるで作家にでもなったような気分だなあと感じます。

作家であり、元ニートの”pha”さんの記事がすごく参考になります。

phaさんの言葉

もう20年くらい、ずっと文章を書いている。最初は趣味で、ウェブ上の日記に思ったことを書いたりしていただけで、読むのは知り合いくらいだったのだけど、いつの間にか顔も知らない人に読まれることが増えて、書くことでお金をもらうようにもなった。だけど、文章を誰かに褒められたり、文章でお金をもらえたりするとうれしいのはうれしいけれど、それはあくまで二次的なものだという意識がある。僕が文章を書くのは自分のためだ。自分が何かを考えたいから書くし、自分が何かに納得したいから書く。書かないといつまでも同じところを堂々巡りしてしまうけれど、書くと思考や人生が前に進むような気がする。https://pha.hateblo.jp/entry/2020/05/12/232121

 

まさに、これがブログの本質ですよね。

この記事のタイトルなんて、phaさんの記事の影響うけまくりですが、、、。

趣味として記事を書き続け、結果的に周知される。

こうなりたいな~、としみじみ思いました。

この他にも、phaさんの生き方や考え方は、ぼくが地方移住を決めたきっかけにもなっています。

『お金がなくても楽しく暮らす』ことの価値を感じ、田舎暮らしも捨てたもんじゃないと気付かせてくれました。

phaさんの考え方や、生き方に興味がある人は、下記の本を読んでみるといいですよ。

今までの生活の仕方や、考え方が変わります。

常に、100点は目指さない

ブログを始めてから、心掛けていることが1つあります。

それは、『完璧を目指さない』ということです。

体裁ばかり気にして、『あの人みたいに為になる記事書かなきゃ』と思うと、手が止まってしまいます。

最初から完璧な記事を書くことなんて無理だと分かっているので、自分の力量を超えたクオリティを追い求めないように気をつけています。

まとめ

なにが言いたかったというと、どれだけの人に読まれたかを気にするんじゃなくて、『楽しんでブログ書こう』ってことです。

自分が考えたことを形にして残せることって、すごいことですよね。

まるで脚本を書いてるような気分で、楽しみながらブログ書けばいいんじゃないかな、と思います。

これからもぼくはブログを書き続けます!