読書

集中力が切れない読書の方法

 

  • 読書しようと思うけど、なかなか集中でいない
  • 本読み始めると、すぐに飽きてしまう
  • 読書自体に苦手意識があり、集中できない

 

読書したいけど、なかなか手をつけられない、、、、。

そんな方におすすめの読書法です。

まずは興味のある本を3冊用意する

本を買う際のポイントですが、まずは興味のある本を3冊購入する。

他人にすすめれた本でもいいですが、自分がぱっと見て直感的に気になった本を買ってみましょう。

まずは自分の意思で本を選ぶことで、前向きな気持ちで読書と向き合えるようになります。

他人からのすすめだと、強制力を感じたり、積極的に読む姿勢がうすくなってしまったりします。

まずは本を選ぶことからはじめることで、読書を楽しみましょう。

意外と効果有。飽きずに本を読み進める方法

本が準備できたら、次は読み方のポイントです。

ポイントは、”3冊同時に読みすすめる”ことです。

意外とこの方法だと、飽きずに、継続的に読み進められます。

ぼく自身、読書の習慣は全くなく、本を集中して読むことは苦手でした。

その原因は、1つの事を集中して続けられない性格にもあったと思います。

1つの事を始めから終わりまで、息継ぎ無しでやりとおすよりは、色んな興味あることを同時に進めていく方が、性格上合っていることに気付きました。

そこで、一冊本を読んでいるときに飽きたら別の本を読み進める。そして飽きたらまた次の本へ。

という読み方をしてみると、比較的ストレス無く読書できるようになりました。

途中で他の本を読むと、内容が入ってこないんじゃないか、

と感じますが、短時間で集中して読むことで、しっかり内容は頭に残ります。

むしろ、色んなことに興味を持つことで、頭が刺激されて集中力が高まっていくことが実感できました。

あきたときに無理に続けるよりは、他の興味ある事をすることで、集中力を持続させることができます。