地方移住

田舎に移住しても仕事に困らない理由。住む場所と仕事は無関係。

『田舎に住もう』と思った際に1番最初に頭によぎる事として、『仕事どうしよう』という悩みがあると思います。

都会から田舎に限定せずとも、移住を考える際に、必ず考える事ですね。

田舎に移住となると、余計にこの悩みが大きくなると思います。

しかし、実際に田舎に移住してみて思うのは、全く仕事に困らないという事。

”田舎には仕事が無い”というイメージで判断するのは間違えです。

田舎に住みたいけど、仕事が無さそうだから諦めよう。

そんな悩みを抱えている方に向けて、発信します。

*前提として、「バリバリ働いて、サラリーマンとしてステップアップしたいんだ!」という方には理解できない内容かもしれません。

田舎に住んでも仕事に困らない理由

ぼくは、田舎に住もうが都会に住もうが、住む場所関係なく、仕事に困るこは無いと考えます。

理由は、仕事は無数にあるから。

サラリーマンだけが仕事の全てでは無いですし、例え一生サラリーマンとして生きたい!という場合でも、全国どこに行ってもサラリーマンを続ける事はできます。

しかし、田舎に移住したいと考えている人って、大半が「今までの生活と違った生活を送りたい」と考えているはず。

そんな時に、「サラリーマン以外の働き方って、何だろう」と、他の働き方を知らないと迷いが生じます。

これが移住に際して、1番大きな障害となります。

働き方の選択肢を増やす事で、不安を解消しましょう。

そもそも、何で田舎暮らしをオススメするのかに関しては、過去の記事で語っています。

地方移住で目指す、最速の経済的自立【FIRE】 【FIRE】は、”Financial Independence, Retire Early ” の頭文字を指します。経済的に...
田舎に住むことのメリット5選こんにちは、Takaです!今年の4月から地方移住を始めて、3カ月が経ちました。実際に暮らしてみる中で、田舎に住んで良かったことをまとめて...

仕事に関する固定観念を捨てる

無意識に陥りがちな思考が、「今の生活が正解だ」と思い込む事。

やりたい事があるけど、なかなか一歩踏み出せないという時は大概、固定観念が邪魔しています。

この固定観念を取り除くコツについては、こちらの記事をご覧ください。

ポジティブになりたければ、バイアスを捨てろバイアスとは、 思い込み 偏見 固定観念 先入観     のことです。大学に進学しなきゃいけない。大企業に就職して働か...

仕事とは、と聞かれて、「正社員として会社に勤める事」は、1つの正解ですが、答えのごく一部でしかありません。

会社に勤めなくても働く方法はあります。

様々な働き方があるからこそ、田舎暮らしが見直されるようになってきたのだと思います。

田舎でもできる働き方

では、実際に田舎でできる仕事とはどんなものがあるのか紹介します。

副業としてもできる仕事がほとんどですが、努力量次第では十分稼げるものばかりです。

どんな事でも努力次第で本業にできる、という事を頭に入れて読み進めてください。

ブログの運営

1つ目は、ブログの運営。

もうブログで稼ぐ時代は終わった!という意見を多数見かけますが、全く稼げないという事は無いと思います。

実際、ぼくもブログで収益を発生することに成功しました。

7月には、何と、¥119の収益を得る事ができました。

すくなっっっっっっっっっっっ

と思うでしょうが、大きな一歩です!

ブログ運営はコツコツ型の稼ぎ方で、我慢して継続して行く事が必要です。

ぼくのような駆け出しブロガーは、いきなり大きな収益を得る事は難しいですが、積み上げていけばブログ飯で生きていける可能性も十分あります。

ブログに関しては、マナブさんTsuzukiさんの記事を参考にしています。

動画編集者として働く

これは、Youtuberや企業の広告動画の代行業務も、耳にする機会が増えした。

最近ぼくがMac Book pro を買った理由も、この編集代行の仕事がしたかったからです。

ある程度のスペックのPCさえあれば、仕事を始める事ができます。

仕事の始め方としては、YouTubeなどで独学で学ぶか、オンラインスクールで学ぶかのどちらかで勉強をした後、クラウドソーシングサイトで受注する流れです。

動画編集については、生ハム帝国さんやUssiyさんのYouTube動画が参考になります。

 

 

Webライターとして働く

最後は、Webライターです。

他者のブログ記事の執筆や、企業PRの記事を書いたりして収入を得る方法です。

クラウドソーシングのサイトで仕事が取れるので、行動を起こせばその日から稼げる方法です。

ブログ運営の延長でできる仕事なので、自身のブログを運営しつつWebライターの仕事も取るというやり方だと、抵抗なくできます。

単価が低い案件も多数ある為、自分が幾ら稼ぎたいかとか、どれだけ時間をかけられるかなどの条件にもよりますが、稼ぐ方法の選択肢に入れて損は無いです。

Webライターとして働く方法は、マナブさんの下記の動画で詳しく解説されています。

まとめ

以上が、ぼくが考える田舎でもできる働き方です。

どれに関しても共通して言える事は、場所を選ばずできる事です。

基本的にはPCがあればできる仕事なので、都会でも、田舎でも関係ないですよね。

田舎でもできる働き方が分かれば、移住という選択もしやすくなったはずです。

「田舎には仕事がないから」と移住を諦めていた方は、上記を参考に移住を実現させてみてください。